テーマ: 経営リーダーシップ, マネジメント全般, 組織開発(OD), 人財開発(HRD)

ビジネススクール第2回

現在進めているビジネススクールは、次世代経営人材に求められる5つの眼をコンセプトにプログラムを構成しています。

・経営の全体像とダイナミクスを見る眼

・自分自身を見る眼

・事業(ビジネス)を見る眼

・人と組織を見る眼

・変革を見る眼

初回である第1回は、「経営の全体像とダイナミクスを見る眼」に焦点を当てました。また「事業(ビジネス)を見る眼」の一部としてアカンティング、ファイナンスの知識を増やすことにも注力しました。

第2回は、「事業(ビジネス)を見る眼」「人と組織を見る眼」を学習しました。久保田さんの熱のこもった講義が展開されました。

第1回に引き続いて、アカンティングの内容は、パートナーであるラッセルズの平野氏にご登壇いただいています。

第1回のB/S、P/Lの基本に続いて、第2回は損益分岐点(BEP)の学習です。

損益分岐点は、限界利益を理解するところからのスタートです。例題、テストも含めて参加者の方々は頭を非常に使ったようですが、 私も大変勉強になりましたし、頭を使って疲れました(笑)

 

Share

コラムに対するコメントなど何なりとお寄せ下さい。

コメントはこちらから
日本全国対応。お気軽にお問い合わせください。03-5609-2944
仲間募集(随時採用)
美味しいコラム
プライバシーマーク